歩くように世界で暮らす

海外生活での気づきや知識をまとめて紹介

未分類/Unclassification

【セレブ御用達!!】東京にいるなら絶対入会したいVIPな会員制サービスを覗いてみよう

更新日:


東京の六本木や銀座・表参道などを歩いているとごくたまにセレブを見掛ける機会があるという方も多いのではないかと思います。そんなセレブたちがお忍びで通いたくなるのは果たしてどんなサービスなのか?非常に気になるところですよね。

Peleの友人にも資産家がいて、なかなか普通にはお目にかかれないようなシークレットな会員制サービスを利用していますが、やはりそういったクローズドのコミュニティには芸能界やビジネス界の経営者も次々と集い、新しいネットワークの構築や情報交換の場として使われているという事なんですね。

今回はそんな疑問に答えるべく、東京にある特に有名でVIPな会員制サービス3選について見ていきたいと思います。

東京ベイコート倶楽部 - TOKYO BAYCOURT CLUB

さて、まずは言わずと知れた東京・お台場にある会員制ホテル東京ベイコート倶楽部です。2008年春オープンしましたが、「港の王宮」という愛称で界隈では親しまれています。東京ベイコート倶楽部の良いところは、タイムシェアリング・システムという画期的なシステムを導入したホテルで、お忍びで通う芸能人は数知れません。

ちなみに、会員価格はかなり高額ですが何と「完売」という盛況ぶり。お金はあるところにあるんですねww

今では世界のリゾート施設で主流となっているタイムシェアリング・システム。
リゾート施設を共同で所有し、一定の期間だけ利用する権利を購入することができたら、という発想が生み出した、実に合理的なリゾートの所有システムです。つまりは、「時間区分によるリゾート施設の共有制」。長期間使用しない部屋のお手入れや、想像以上にかかる維持費、さらには盗難や災害などの不安からメンバーのみなさまを解放する理想のシステムとして、アメリカをはじめ、世界有数のリゾートで採用されています。欧米発想のこのシステムをベースに、東京ベイコート倶楽部では、独自の利用保証制度を確立いたしました。

会員価格: 44,895,382円 (ロイヤルスイートルーム 年間24泊タイプ)

ちなみにこちらからオンラインツアーする事ができますが、まさにセレブの為のホテルという感じがしますね。

六本木ヒルズクラブ - Roppongi Hills Club

続いては、誰もが羨む六本木ヒルズクラブです。若くして成功したIT企業の社長で代表されるようにギラギラしている層が多いのだとか。かつては、ホリエモンこと堀江貴文さんも利用していたようですが、過去の一件で除名になったと言われています。

さすがとも言うべくきめ細やかなサービスで融通がきくので、重要な会食や接待で利用される方々が多いですし、ここからM&Aなどの案件も情報交換されている事でしょう。

六本木ヒルズについて
鼓動する街を抱いた360度の眺望。
知性と感性が対流する自由な空間。
ここは、六本木ヒルズ森タワー51階に位置する、
限られた人だけに開かれた寛ぎと刺激に満ちた会員制クラブです。
お越しになる皆さまの想いや状況に寄り添う
7つのレストランと2つのバーラウンジのほか、
創造性あふれる演出で記憶に残る時を刻むバンケットルームを備えており、
あらゆるご要望にきめ細かくお応えいたします。
ビジネスマインドと遊び心が融合した
個性豊かな表情を思いのままにお愉しみください。

入会金:1,200,000円
入会預託金:500,000円
年会費:180,000円

アークヒルズクラブ - ARK HILLS CLUB

最後は、知る人ぞ知るアークヒルズクラブです。よく六本木ヒルズクラブと比較されるケースがありますが、年齢層は高めで大人の落ち着いた雰囲気が漂っています。

ソフトバンクの孫さんや楽天の三木谷さんもアークヒルズクラブ会員と言われていますところを見ても、まさに日本を代表する経営者の大人の社交場になっているようです。

アークヒルズクラブは洗練された快適都市空間。
世界の情報発信地として進化し続けている東京には、人と人とのコミュニケーションの舞台となる快適都市空間が望まれています。このような時代の中で、1998年9月、人・情報・文化の発信拠点をめざす会員制クラブとして「アークヒルズクラブ」が誕生しました。

入会金:1,500,000円
入会預託金:1,000,000円
年会費:240,000円

以上、いかがでしたでしょうか?こうやって見てみると、顧客セグメントが違えばサービスやサイトの作りなど、かなり異なっている事がわかりますよね。富裕層向けサービスの価格帯やどういったサービスに需要があるのか等、様々なインサイトが感じられます。

また、一般的に富裕層というと企業の経営者をイメージしがちな方も多いかもしれませんが、投資家や資産家と言われる層が非常に大きなパイを占めていて様々な投資先で運用して運用益をあげています。

そういった富裕層間では、次にくる投資先としてソーシャルレンディングのクラウドクレジットや不動産特化型のクラウドファンディングOwnersBook、などが注目を集めていますし、FXでお馴染みDMM.com証券などは利回りが良く、やはり安定的に人気が高いのでまだの方は是非口座開設してみて下さいね。

それでは、今日はここまで!



Thank you for reading:)
See you next time!







-未分類/Unclassification

Copyright© 歩くように世界で暮らす , 2019 All Rights Reserved.