歩くように世界で暮らす

海外生活での気づきや知識をまとめて紹介

ビジネス/Business

スポーツ好きなら絶対知っておくべきメジャーリーグビジネス

投稿日:

日本において人気プロスポーツの一つに野球が挙げられますよね。
実はビジネスの観点から見ると、20年程前は日本のプロ野球とアメリカのメジャーリーグは同等の規模だったのをご存知ですか?

それが今や4倍程の収益差になっています。(メジャーリーグは約6,000億円、日本のプロ野球は約1,500億円)
今回は数々のスポーツチームをサポートしている株式会社フィールドマネジメント代表取締役の並木裕太さんの著書からメジャーリーグビジネスについてご紹介したいと思います。

儲けの構造はどうなっているの?

まず、ビジネスの基本である儲けの構造から理解しましょう。
各チームで差はありますが、ざっくり1チーム年間100億円の売上があるとすると、下記のような内訳になります。

-チケット 30~40億
-スポンサー 30~40億
-マーチャンダイジング(グッズなど) 10~15億
-放映権 5~10億
-スタジアム(飲食など) 3~5億
-ファンクラブ・スクール 3~10億

「リーグビジネス」か「チームビジネス」か

日本では各チームが独自の裁量で運営するいわゆる「チームビジネス」が中心ですが、メジャーの場合、「チームビジネス」と「リーグビジネス」の二つが大きな柱になります。

「チームビジネス」については、日米同等の規模で100億円のビジネスをやっているチームが日本には12球団、メジャーには30球団という事になります。
両者の決定的な違いは、メジャーでは「リーグビジネス」から年間平均40~50億円が各チームへ分配されるという点です。

そんな「リーグビジネス」について、主に下記の4つの事業から成り立っています。
-MLBインターナショナル・・・海外ビジネス(海外放映権など)
-MLBプロパティーズ・・・スポンサー獲得や国内放映権
-MLBアドバンスト・メディア・・・オンライン中継やチケット・グッズ販売
-MLBネットワーク・・・ケーブルテレビ会社

いわば「リーグビジネス」とは、全チームが協力してリーグの価値を高めるビジネスとなり、チームの「部分最適」ではなく、リーグの「全体最適」を目指しています。
これにより、チームごとに交渉するよりも団結すれば断然交渉力も高まりますし、効率的な運営ができるという事です。

メジャーリーグにとっての競争相手はリーグ内のチームではなく、リーグ外のNFLNBAであるという事、またスポーツ以外のエンターテイメントも競合と捉え、映画やコンサートなども野球にかかわる時間のシェアをいかに高めるかに取り組んでいます。

戦力均衡で観客を呼び込むメジャーリーグ

実はメジャーの「リーグビジネス」はその他にも色々な取り組みを実施しており、その一つが「戦力均衡」です。
これは、「年々強いチームが入れ替わる」という意味ですが、リーグやチームが盛り上がる為には、たくさんのチームが優勝争いでしのぎを削り合う状況が欠かせません。

そこで、「チームビジネス」で得た収益の約30%をリーグに集め、各チームに再分配する仕組みをとっています。
これは収益力の差のある下位チームに手厚く収益を分配し、戦力の均衡を保という取り組みになっています。

その結果として、過去10年間で9チームがワールドシリーズで優勝しており、2回優勝したのはレッドソックスだけです。
この結果は偶然ではなく、リーグビジネスとしての取り組みの賜物になっています。

また、他にもサラリーキャップで戦力の集中を防ぐ取り組みも行っており、チームの選手年俸合計額が約120億円を超えたチームは超えた20~30%分をリーグに納めなければなりません。これはラグジュアリータックスと呼ばれ、資金力のあるヤンキースは10年近く連続で支払っています。

ちなみに、このラグジュアリータックスは、3/4がメジャーリーグ・プレーヤーズ・アソシエーションという選手会に送られ、選手の年金などに使われます。残りの1/4は、投資信託で運用されます。

まとめ

メジャーでは日本の親会社持ち球団とは違い、一つのビジネスとして実に様々な取り組みが実施されています。

本当の競争相手が何なのかを今一度考える必要があると思いますし、外にいる本当の競争相手に気づかないという構図は、日本の他の産業にも共通すると思います。

是非海外の良い事例を上手く取り入れて更なる発展を遂げて欲しいと願っています。


Thank you for reading:)
See you next time!







-ビジネス/Business

Copyright© 歩くように世界で暮らす , 2019 All Rights Reserved.