歩くように世界で暮らす

海外生活での気づきや知識をまとめて紹介

ビジネス/Business

【オーガニックマーケット】ホールフーズ(Whole Foods)の人気の"秘密"は間違いなくコレ

投稿日:


アメリカで生活している日本人の方なら現地で一度は「太った」という方が多いのではないでしょうか。かくいうPeleも、渡米してから結構太った時期がありました。その原因は紛れもなく「食事」だったんですね。

そんな生活を見直すキッカケになったのが、実は家の近くにあった「ホールフーズ(Whole Foods)」でした。

今回は、そんな「ホールフーズ(Whole Foods)」について見ていきたいと思います。

元々はライバルを真似て「SaferWay」だったww

ホールフーズ(Whole Foods)は皆さんご存知の通り、アメリカだけでなくカナダやイギリス含め合計200店舗以上を展開するオーガニック食材のスーパーマーケットですね。

1978年にJohn Mackeyが家族から借りた約500万という資金で開店した小さな自然食品店「セイファー・ウェイ(SaferWay)」が始まりです。SaferWayとはまさに、あのSafewayをもじってつけた名前という逸話があります。笑

何と言ってもここまで急成長を遂げた背景には、様々な既存の自然食マーケットを買収して大きくなってきたという戦略がありました。例えば、ノースキャロライナのベジタリアンショップ「Wellspring Grocery」やアトランタの巨大マーケット「Harry’s Farmers Market」、コーヒーの「Allegro Coffee」まで実に多岐にわたります。

そんなホールフーズ(Whole Foods)ですが、行った事ある人ならわかると思いますが、何と言っても何か「楽しい」のです。

これこそがホールフーズ(Whole Foods)が支持を集める理由だと思うのですが、例えば一つ一つの商品の裏にあるストーリーが見えるというところとか個人的にはツボです。例えば、最近Peleが買った「Allegro Coffee」はこんな感じです。

取り扱っている商品への想いが感じられますし、生産されている方々の顔が見えるのは非常に良いですよね。せっかくなので、他にもピックアップして見てみましょう。



それでは、今日はここまで!


Thank you for reading:)
See you next time!







-ビジネス/Business

Copyright© 歩くように世界で暮らす , 2019 All Rights Reserved.