歩くように世界で暮らす

海外生活での気づきや知識をまとめて紹介

ビジネス/Business

【NIKEマーケティング】「Sneakerhead」が熱中する激アツなスニーカー市場

投稿日:


いきなりですが、「趣味は何ですか?」って聞かれたら何って答えますか?Peleはスポーツ観戦って答えるかな。究極のありきたりというのは置いておいて。笑

そんな趣味に関してですが、最近巷で「Sneakerhead」という言葉が話題になっているのをご存知でしょうか?

今回は、そんな今注目の「Sneakerhead」について見ていきたいと思います。

市場規模はFacebookが毎週IPOしている感じ

まず、「Sneakerhead」とは何か?日本的に言えばスニーカーオタクやコレクターという意味になります。これは、どんなスニーカーでも良いという事だけでなく、NIKE等人気ブランドのいわゆる"限定商品"が対象になります。例えば、この「AIR JORDAN 3 RETRO "2011 RELEASE」といった感じ。

実は「Sneakerhead」についてはTEDでも登壇された方がいます。驚いた事に、Sneakerhead同士のスニーカー売買はアメリカだけで1,000億円規模になっているとの事。これは日本で例えると、結構みんなが使っているコンタクトレンズ市場は約1,700億円ですし、今人気のヨガスクール市場も約1,3000億円という感じです。

また、「Sneakerhead」の属性が非常に興味深くて、比較的お金に余裕を持っていてマイケル・ジョーダンの影響を受けた30代〜という感じなんですね。こういった属性が面白いのは、自分のコレクションを株式のようにポートフォリオを組んで、資産価値を算定している猛者もいるという事。

そのサイトが「StockX: The Stock Market for Sneakers」です。サイトの構成も何だか株式等のサイトを思わせる感じで何だか面白い。笑

これだけ趣味から派生して新しい市場ができているすごさもそうですし、このマーケティングを成功させたNIKEはさすが。マーケティングってすごく抽象的な言葉ですが、こうやって熱狂している方の話を聞いていると、いかに限定モデルのリリース含めたマーケティング戦略が成功しているかがわかりますね。

Peleが関わった事のある業界もそうですが、結構古い慣習で年2回は新商品リリースしなきゃみたいな感じで追われて、どう売るかとかどう魅せるかみたいなところは結構蔑ろにされているところも多いなぁと感じた事があります。その自戒も込めて、今回はこのトピックをピック。

ご興味ある方は、是非実際にTEDに登壇された「Sneakerhead」の方のお話を聞いてみて下さいね。

それでは、今日はここまで!


Thank you for reading:)
See you next time!







-ビジネス/Business

Copyright© 歩くように世界で暮らす , 2019 All Rights Reserved.