歩くように世界で暮らす

海外生活での気づきや知識をまとめて紹介

エンタメ/Entertainment

【まさに超大作!!】10年以上続く「龍が如く」シリーズが完全にゲームの世界を超えて進化している件ww

投稿日:


皆さんは好きなゲームありますか?Peleは子供の頃からゲームが好きで、ウイイレのようなゲームからクロノトリガーのようなRPGまで様々なゲームをやってきました。

好きなゲームの中には10年以上シリーズが続いて、どんどんスケールが大きくなっている超大作があります。それが「龍が如く」シリーズです。

今回は、そんな「龍が如く」について見ていきたいと思います。

シリーズ累計800万本を超えるヒット作

2005年にシリーズ一作目がリリースされた「龍が如く」ですが、シリーズがリリースされる度にファンを増やし、10年以上続く人気シリーズとなりました。ヤクザという一般的にはなかなか知る事のない世界についてのゲームで、リアルに再現された街並みの中を自由に行動しながらストーリーを進めていくスタイルになります。

Peleが「龍が如く」をやっていた頃は、どちらかというと他のゲームと同じく、ゲームの中の世界でプレーしているという感覚でしたが、知らないうちにどんどん進化が進み、今ではかなりリアルな世界に近づいてきているんですね。

その証拠に2016年に発売された待望の「龍が如く6」では、歌舞伎町そっくりの神室町が出てくるのはもちろんのこと、メインの舞台である広島県・尾道仁涯町はマップを見てもわかるようにかなり忠実に再現されていてビックリします。

また「龍が如く」シリーズでは、「コラボレーション」がとにかくスゴいんですよね。これは、リアル感を演出する狙いもありますが、実際に巷で話題になっている事がゲーム内で再現されていたり、普段テレビなどで見る芸能人がキャラクターとして参加していて、これは「龍が如く」ならではのキラーコンテンツでしょう。

ユーチューバー(YouTuber)

ライザップ(RIZAP)

ドローン

ゆるキャラ



「龍が如く6」では、小栗旬、藤原竜也、ビートたけし、宮迫博之など相当たる芸能人が参加しているのですが、かなりリアルで迫力があります。身近ではないヤクザの世界だからこそ普段よく見聞きしているトレンディーな話題や芸能人を活用しているところに、人気が続く理由がわかるような気がしますね。

小栗旬

宮迫博之

それでは、今日はここまで!


Thank you for reading:)
See you next time!







-エンタメ/Entertainment

Copyright© 歩くように世界で暮らす , 2019 All Rights Reserved.