歩くように世界で暮らす

海外生活での気づきや知識をまとめて紹介

留学/Study Abroad

誰でも簡単!アメリカでの銀行口座開設方法

投稿日:

渡米して最初の頃に考えるのが、どうやって銀行口座開設すればいいのか。
英語もまだ不安だしなぁと思ってる方、誰でも簡単に銀行口座開設できますよ!

今回はそんなアメリカでの銀行口座開設方法についてご紹介したいと思います。

 まずは銀行口座を開設する銀行を決めよう

まず最初にどの銀行で口座開設するか決めなければなりません。
現地に来て周りの方の話を聞いていてもだいたいは上位4つといった感じです。

Peleの場合はこの中でも近くに支店が多いバンク・オブ・アメリカにしました。
下記はちょっと古いデータですが、ご参考まで。

post-735-2

さて、いよいよ具体的な銀行口座開設手続きに入っていきます

手続き自体は、先ほど自分が決めた銀行にて行う事になります。
各銀行の支店場所はそれぞれWebサイトで調べる事ができますので、是非ご参照下さいね。

<持ち物>

・パスポート(原本)
・I-20
・現金最低$25以上
(口座開設時に、自分の口座に預け入れする為)

<銀行での手続き>
・銀行で「I would like to open my access checking」とお伝え下さい。
・申込用紙を記入します。 (Pass Codeやひみつの質問と答えなど)
・一時利用カード(Visa デビットカード) と「オンライン通常利用開始の案内 」を受け取って終了となります。

銀行での手続きから約2週間後、本カードとPINナンバー(パスコード)が別々にお手元に届きます。 本カードは、オンラインで本人確認の手続きをし、手続きが完了すれば、アクティベートされ使用可能となります。

その後、オンライン通帳へアクセスし、登録を行って下さい。
(詳細は、こちらをご確認下さい。)

もし2週間過ぎてもカードが届かない場合は、最寄りの支店にその旨を伝え、再発行のお手続きを取るようにしましょう。(その際には、ご自身のIDをお持ち下さいね。)

<注意点>
・23歳未満は無料!
・23歳以上は$1,500以上を常に維持すれば無料!

手数料が必要な場合!
・他銀行で引き出しをする場合
・預金残高がマイナスになった場合
・国際送金(送受両方)する場合

口座手数料無料の条件!
・口座開設時に、$25以上の入金をする
・オンラインでPaperlessの設定をする

まとめ

以上、アメリカでの銀行口座開設に関する一連の手続きになります。
意外に簡単と思われた方も多かったんではないでしょうか?

アメリカに住んでいるとほとんどのところでカード決済ができてみんな使っているので、カードはかなり重宝しますよ。
Peleなんてショッピングセンターでショッピングバッグもらう$0,1もカード決済しましたからね!
さすがにやり過ぎかもしれませんが、そんな事もできるよという事で。

では、良いアメリカライフを!

Thank you for reading:)
See you next time!







-留学/Study Abroad

Copyright© 歩くように世界で暮らす , 2019 All Rights Reserved.