歩くように世界で暮らす

海外生活での気づきや知識をまとめて紹介

本/Book

【読書メモ】さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学/山田真哉

投稿日:


感覚的に会計を理解できる本ないかなぁと思って探してて辿り着いたのが、この本。多くの方がオススメしていたのとユニークなタイトルにも興味を持って読んでみようかと思いました。

今回は、そんな「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」についてです。

こんな本

この本は、「会計が嫌い」「会計が苦手」「会計を学んでも意味がない」と思っている方のためにあります。「会計」はけっしてやさしいものではありませんが、《会計の本質的な考え方》はそれほどむずかしくはありません。本書では、日々の生活に転がっている「身近な疑問」から考えはじめることで、会計の重要なエッセンスを学んでいきます。本書は、いわゆる「会計の入門書」ではありません。細かい財務諸表はひとつも出てきませんし、専門用語もそれほど多くはないので、気を楽にして、ひとつの読み物として読んでみてください。きっと会計に対する見方が変わるはずです。

出典: さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学

Peleの読書メモ

とにかく身近な事例が多くって非常に読みやすい内容でした。個人的には、「ある特定の数字を定期的におさえること」が分析の極意で、これができるかどうかが数字のセンスの有無につながっていくという内容にかなり納得。

実はPeleも実体験があって、クライアント先が新たにアドバイザーを雇った際に今後の方向性を決めるMTGをしたんですよね。その時に、新しいアドバイザーと話していても何故かしっくりこない。原因を考えてみると、業界で抑えるべき数字が全く頭に入っていなくて、話していて「おいおいおいこの人大丈夫かよ」と不信感しか抱かなかった経験があります。

統計学でもそうですが、同じ数字をどう見るかというのは千差万別なわけですよね。自分の業界は当たり前ですが、数字のセンスは異業界になると顕著に出ると思うので、しっかり自分に言い聞かせて訓練していきたいと思いました。

不動産業者は、ライバル業者が広告に載せている物件の価格と同じくらいに、その売り出し日にも注目するらしい。どれだけ売り出し日から日にちが経って広告を出しているかで、売るのに苦労している度合いがよくわかるからである。私も、新築マンションのチラシを見るときは、「総戸数」と「販売戸数」をよく見ている。「販売戸数」が多ければ、それは売れ残っているということなので、値切れるチャンスがあるからだ。

それでは、今日はここまで!


Thank you for reading:)
See you next time!







-本/Book

Copyright© 歩くように世界で暮らす , 2019 All Rights Reserved.