歩くように世界で暮らす

海外生活での気づきや知識をまとめて紹介

未分類/Unclassification

まだ迷ってモジモジしてるの?自分の人生を変えるたった2つの方法

投稿日:


先日、サンフランシスコマラソン参加記念「世界の"ヤバい"マラソン」の記事を書く中で様々なサイトを検索していたら偶然見つけて見入ってしまった動画。
あっ昨日無事にサンフランシスコフルマラソン終えましたが、筋肉痛がひどくて動けません、ありがとうございました笑

Infinity Venture Partners共同代表の小野裕史さんがTED×UTokyoでビジネスではなく、「マラソンジャンキー」として、登壇して話された内容が非常に明快で面白かったので、ご紹介します。
「人生を変えたい」「いつも何か始める時にためらってしまう」など思っている方にはかなりオススメです!

元々は根っからの運動オンチだった

小野さんは小学校の頃、体育の成績表が「上・中・下」の「下」、加えて35年間運動ゼロで、数年前までは「超インドア&メタボなオッサン」という状況でした。

しかしながら、"ある事"がキカッケでその状況が激変する事になり、何と1年弱で100kmマラソン・2年半で砂漠250kmマラソンを完走し、マラソンに関する書籍まで出版される程になります。

何故そんなにも激変したのかって?気になりませんか?
その背景にはある2つの大きな裏技が隠されていました。

裏技1"ノータイムポチリ"?!

ノータイムポチリとは、ココロの羅針盤に従い、即座「ノータイム」に「ポチッ」と具体的なアクションする事

具体的に小野さんの場合は、ダイエットの為にランニングを始めて間もない頃、3ヶ月後のフルマラソンに気軽にエントリーした事が大きな転機になります。

人間は明確な目標ができるとマインドセットが変わると言われている通り、フルマラソン参加へのエントリー(ノータイムポチリ)が「ただ痩せたい→どうすれば完走できるか?」というマインドセットに変えたと言います。

そして、そのフルマラソンが思ったより楽しかったという事で、その後どんどんのめり込んでいく事になり、北極・南極・砂漠など様々なマラソンにノータイムポチリで参加していく事になります。
各マラソンの記事などは小野さんのブログ「今日、かけがえのない一日を刻めたかい」で読めますのでご興味ある方は是非ご一読を。

ノータイムポチリとは言い換えると、頭で四の五の考える前にとにかくやってみる事で、そうすると実は頭で考えているだけよりも全く違った新しい世界・感情が芽生えるというわけですね。

裏技2"自分まる見せ劇場化"?!

"自分まる見せ劇場化"とは、まるでステージに立ってるかのように自分をさらけ出し、思いもよらない出会いによって目標を増幅させる事

小野さんの場合は、FacebookやTwitter上で自分の目標・妄想・悩みなどをまる見せする事で、周囲から「次の目標はどうするんだろう?」「書籍化の話は無いのかね?」といったコメントをもらい、次なる目標を勝手に呼び込んで実現し、気づけば人とはちょっと違ったユニークな経験になっていたそうです。

また、この"自分まる見せ劇場化"には実は2つの大きな効果があります。
-苦境すら「オモシロく見せよう」という意識が自分自身を客観視し、自らも楽しくなれちゃう
-失敗だってまる見せ化で恐れずチャレンジできる自分が育つ

"ノータイムポチリ"でキッカケが具体的な一歩に
"自分まる見せ劇場化"で想像だにしない未来へ

やはり、実際に実践されている方の話には説得力がありますし、よりよい人生を送る方法って思ったよりシンプルな心構えと取り組みなんだなぁと思えるお話でした。

是非、皆さんも一歩踏み出して何か新しい事にトライしてみませんか?


Thank you for reading:)
See you next time!







-未分類/Unclassification

Copyright© 歩くように世界で暮らす , 2019 All Rights Reserved.