歩くように世界で暮らす

海外生活での気づきや知識をまとめて紹介

ビジネス/Business

Yコンビネーターのパートナーがスタートした「Startup School Radio」がアツい

投稿日:

スタートアップの聖地であり、年間合計投資額1兆円を超えると言われるシリコンバレーでは次々と新しいサービスが生まれますが、それは単に起業家だけでなく、その周囲を取り囲むVCなどにも当てはまります。

最近では、VCの雄であるKPCBが起業家向けチャットサービスをリリースして話題になりましたが、シード投資で有名なYコンビネーターも新しい取り組みを始め、今注目を集めています。

今回はそんなYコンビネーターが始めた新しい取り組み、Startup School Radioについて見てみたいと思います。

 Yコンビネーターとは?

2005年にPaul Grahamらが設立したシリコンバレーのベンチャーキャピタルで、他ファンドと違い、投資額は少額(500万円以下)である事、また3ヶ月間はシリコンバレーの養成所でアドバイスを受けながら開発に専念できる支援プログラムが特徴的です。

今までの投資先企業は300社を超え、Yコンビネーター出身者のエグジット率は26%(日本は1%以下)と非常に高く、DropboxAirbnbSalesfirceが買収したHerokuなど名だたる企業が名を連ねます。ちなみに日本からは福山太郎さん創業のAnyPerkが初になります!

Startup School Radioとは?

Tutorspreeの創業者(WyzAntに売却済み)であり、現在はYコンビネーターのパートナーであるAaron Harrisを中心に始ったStartup School Radioは毎回、起業家や投資家を招いて、起業のストーリーや資金調達、会社のスケールなどについて自身の経験やアドバイスをラジオ形式で公開しています。

日本でも多くのVCが存在しますが、VCからこんな面白い取り組みが出てくるケースはシリコンバレーならではではないかと思います。

 実際にどんな感じなのか聴いてみましょう

第一回目のゲストはYC卒業生の二人でredditの創業者Alexis Ohanianと、Kashの創業者Kaz Nejatianです。

あと、このラジオすごく親切でスクリプト付きなんですよね!
こ、これはもしやTOEFLやTOEICの勉強にもなって一石二鳥じゃないですか!
これは必聴間違いなしですね!


それでは、今日はここまで!

Thank for reading:)
See you next time!







-ビジネス/Business

Copyright© 歩くように世界で暮らす , 2019 All Rights Reserved.