歩くように世界で暮らす

海外生活での気づきや知識をまとめて紹介

スポーツ/Sports

【これぞ時代の風物詩】歴代NFLのSuper Bowl(スーパーボウル)ハーフタイムショーがスゴいww

投稿日:


アメリカで最も盛んなプロスポーツと言えば何と言ってもNFLでお馴染みのアメフトですね。一試合で10万人集客するところを見てもそのモンスターコンテンツぶりがわかりますし、NFL選手の平均年俸が2億円、最高年俸はなんと36億円とさすがの規模感となっています。

その中でも毎年、NFLの頂点を決めるSuper Bowl(スーパーボウル)が2月に行われるのですが、ハーフタイムショーでは毎回豪華アーティストがパフォーマンスを行う事でも有名となっています。

今回は、そんなSuper Bowl(スーパーボウル)の名物ハーフタイムショーについて見ていきたいと思います。

ハーフタイムショーを見れば時代がわかる

さて、まずはSuper Bowl(スーパーボウル)についてですが、現在は旧NFLチームが主に所属するNFCの代表と、旧AFLチームが主に所属するAFCの代表が年に一度チャンピオンを決める為に対戦する形で行われます。試合のチケットは安いものでも30万円〜、そしてVIP席となると価格は3,000万円以上に高騰する事でも知られています

また、Super Bowl(スーパーボウル)はThanksgiving Day(サンクスギビング)に次いで2番目に多くの食糧がアメリカ国内で消費される日と言われていたり、他にも下記のような面白いストーリーがあります。

ハーフタイムショー自体はスーパーボウル創設当初から行われていたが、1980年代まではカントリーミュージシャン等の出演者が多く「ハーフタイムショーに入ると視聴率が10%近く落ちる」という問題を抱えていた。これを改善したいNFLサイドがマイケル・ジャクソンに出演を依頼、マイケル側も当初は難色を示したものの、スーパーボウルが世界中で中継される上に世界各地に駐留しているアメリカ軍関係者にライブで見てもらえることが決め手となり最終的に出演を承諾したという。ハーフタイムショーに関しては、「ハーフタイムに視聴者が一斉にトイレを使うことで上下水道に一気に負荷がかかり、水道管破裂等の問題が起きるのを防ぐために行われている」という都市伝説まで存在する。

CM枠に関しても世界一高額なことで知られており、テレビ局は200億円もの広告収入をSuper Bowl(スーパーボウル)から稼ぎ出すというまさにモンスターコンテンツになっています。ちなみに、米国有名大学院等の教授でさえも「Super Bowl(スーパーボウル)のCMを見れば時代がわかる」と例えられるぐらいのコンテンツなんですよね。

早速下記に動画をピックアップしてみましたが、気に入ったのはありますか?こうやって時系列で見てみるとアーティストの変化や音楽のテイストにも変化があって非常に興味深いので是非ご覧下さいね。

2000 Tina Turner

2001 Britney Spears & Aerosmith & N'Sync & Mary J. Blige & Nelly

2002 U2

2003 No Doubt

2004 Janet Jackson & Justin Timberlake

2005 Paul McCartney

2006 Rolling Stones

2007 Prince

2008 Tom Petty & the Heartbreakers

2009 Bruce Springsteen

2010 The Who

2011 Black Eyed Peas

2012 Madonna

2013 Beyoncé

2014 Bruno Mars

2015 Katy Perry

2016 Beyoncé & Bruno Mars

2017 Lady Gaga

それでは、今日はここまで!



Thank you for reading:)
See you next time!







-スポーツ/Sports

Copyright© 歩くように世界で暮らす , 2019 All Rights Reserved.