歩くように世界で暮らす

海外生活での気づきや知識をまとめて紹介

ビジネス/Business

【走った分だけ車保険で節約】アメリカのスタートアップ「Metromile」が今アツい!!

投稿日:


最近、自動車産業では自動運転技術も実用化が近づいてきて、かなり競争が激化していますよね。

アメリカでは全世帯の95%が自動車を所有し、米国民の85%が車通勤という事実を見てもマーケットの大きさを感じます。そんな中、最近は主役の自動車だけではなく周辺サービスも変化を遂げようとしているのをご存知でしょうか?

今回は、従量制自動車保険の「Metromile」について見ていきたいと思います。

保険料は走った分だけ

2011年に創業された「Metromile」ですが、走った分だけ保険料がかかる従量制の自動車保険サービスを展開していて、アプリと連携して簡単に走行距離を確認したり車の場所を把握したりできるサービスを展開しています。

従来、車保険って主に定額制で普段あまり車を乗らない人って多く払ってしまっているケースが多いので、こういうところに目をつけたのはいいですよね。ちなみに、この「Metromile」ですが、実は既に200億円以上調達してるというさすがの規模感です。

こういうサービスを見ていると思うのは、「定額制」と「従量制」って業界やサービスによって相性があって非常に面白いという事。例えば、電気料金等の公共料金は従量制が良いけど、Netflixとかって絶対に定額制が良いですよね。

こういう視点で見ていくと「あれ?これって従量制(定額制)の方が良くない?」っていう不一致がまだまだ色んな業界で残ってるような気がします。

多くの大企業がイノベーションのジレンマに陥っていて、変えた方がいいと思っていてもなかなか習慣や伝統って変えれないもんですからね。しかも、イケてるアプリ作ってサービスと連携となるまで何年かかるか。笑

そういうところであえてスタートアップ作ってグロースさせて、M&Aで売却なんていうのも実は面白いのかなぁとこの「Metromile」を見ていて思いました。

それでは、今日はここまで!


Thank you for reading:)
See you next time!







-ビジネス/Business

Copyright© 歩くように世界で暮らす , 2019 All Rights Reserved.