歩くように世界で暮らす

海外生活での気づきや知識をまとめて紹介

未分類/Unclassification

【マイノリティを楽しむ!!】海外生活で日本人含めたアジア人が感じる「Lunch Box Moment」

投稿日:


今や世界はボーダレスな時代になりつつあると言われていますが、それでも未だに国境を超えて海外生活を始めると、文化の違いを感じる瞬間も多いのではないでしょうか?

Peleはサンフランシスコなので、そこまで違いを感じる事はないですが、それでも渡米してから現地で育った人と話したりすると、少なからず違いを感じる事はあります。まぁ育った環境が違うからと言ってしまえば当たり前なのでしょうがねw笑

今回は、海外生活でアジア人が直面すると言われている「Lunch Box Moment」について見ていきたいと思います。

育ちが違えば、文化や志向の違いがあって当然

まず、「Lunch Box Moment」とは何か?ですが、例えば日本では子供が学校に通う頃になると、親が子供にお弁当を持たせる事は比較的よくみる習慣ではないでしょうか。でもこれって住む場所が変われば、当たり前ですがそういう習慣ってかなり違ったりするんですね。

アメリカでは、親がジップロックかタッパーにサンドイッチを入れて子供に昼食として持たせたり、リンゴを持って行って丸かじりするという事も多いです。

下記はヨーロッパ在住の日本人の方がネット上で質問された内容ですが、まさにアジア人が海外生活で直面する「Lunch Box Moment」ですね。

欧州在住です。
小学生の子供達がおります。学食もあるのですが美味しくない故に量も少ないのでお弁当にしています。

ただ、最近は他の生徒達と同じ様に毎日サンドイッチのお弁当です。というのは、日本の「お弁当」を持って行かせてたのですが学校でお友達に「アナタのお弁当はくさい、変な臭いがする!」と何度か言われて落ち込んで帰ってきたので、ある時期から他の子供達同様サンドイッチにしています。

確かに、日本ではあのお弁当箱を開けた時のおかずや海苔の独特なにおいは全く気にならなかった。でも、海外であの匂いを知らない人達には確かに気になるんでしょう。例え海苔や卵を入れない様にしても、やはりあのにおいは気になる様です。

海外で日本のお弁当作ってる皆さんはどうされてますか?同じ様な経験はございますか?

大人になるとこういった違いは割り切ることができるのですが、小さい頃は自分だけ周囲と違う事になかなか慣れない事ってありますよね。Peleが小学校の頃は、逆にサンドイッチ学校に持って来てイジられていた子もいたような記憶がありますw笑

これは下記の動画を観ていただければわかるのですが、アジア系アメリカ人の方々も少なからず、「Lunch Box Moment」のような経験をされている方が多いです。でも、今となってはそれが親の愛情表現だったという事が理解できるようになるんですね。

日本というマジョリティの中にいるとなかなか気づかない事もありますが、海外に生活拠点をうつすとまた違った側面が見えてきますよね。今まで自分が感じていた常識が覆される事もありますし、新たな発見も多々あります。そういった際に、改めて重要なのは、周囲がどうのこうのではなく、自分はどうなんだという事をしっかり意識しながら過ごす事ではないでしょうか。

それでは、今日はここまで!


Thank you for reading:)
See you next time!







-未分類/Unclassification

Copyright© 歩くように世界で暮らす , 2019 All Rights Reserved.