歩くように世界で暮らす

海外生活での気づきや知識をまとめて紹介

スポーツ/Sports サッカー/Soccer

【Jリーグの新成長戦略】SNSに注力したJリーグのインスタが女性ウケ抜群な件

投稿日:


1993年のJリーグ開幕から20年が経過。一時期は横ばいと言われた人気ですが、夏野さんやホリエモンなど外部からアドバイザーを迎え、また再度人気が集まっています。

そんな中、Jリーグが掲げる成長戦略のキーワードは何と言っても「女性」です。今までのJリーグは、Jリーグは、男性の熱心なファンが多く女性観客比率が非常に低かった中での大きなチャレンジ。

今回は、そんなJリーグの新成長戦略について見ていきたいと思います。

お財布は女性が握っている

これまでのプロスポーツ観戦って「娯楽」ではなく、どちらかと言うと「体育」の延長にあるものという雰囲気がありましたよね、一見さんお断り的な。それを象徴すべく、ホリエモンが言っていたのは、スタジアムの名称についてです。

日本では、スタジアム名を「球技場」と名付ける習慣がありました。実は、こういった事が非常にいわゆる「体育」らしいという事で、この現状を変えるべく例えば最近大阪に最近できたスタジアムは「市立吹田サッカースタジアム」と名付けるようになりました。これアメリカは既にやっていて例えば野球であれば「球場」ではなく、「ボールパーク」と名付けたりしています。

Jリーグが最近注力しているのは「イメージ」の部分で、今までの「体育」なイメージから「娯楽」のイメージ転換しようとしているんですね。ちなみに、今年のスカパーの広告フレーズは「待っているのは、最高の週末だ!」と今までの感じからは変化が見られます。

さて、冒頭の「女性」という点については、消費財の8割は女性が購買決定権を持っているという言葉通り、停滞した観客動員数を盛り上げる中で必須の客層になります。既に、Jリーグで様々な施策がスタートされていて、例えばスタジアム内でのスタジアムグルメの販売、トイレの待ち時間減らすべく追加トイレの設置、クラブグッズの充実など多岐にわたります。

そして、その一つが何と言ってもSNSにあります。せっかくなので、Jリーグのインスタアカウントを見てみましょう。5年前からだと考えられません。笑

以上、いかがでしたでしょうか?こうやって観るとJリーグは果敢に新しい事にチャレンジしていて、非常に面白いですよね。是非、またPeleもスタジアムに試合に足を運んであの熱気を味わいたいものです!

それでは、今日はここまで!


Thank you for reading:)
See you next time!







-スポーツ/Sports, サッカー/Soccer

Copyright© 歩くように世界で暮らす , 2019 All Rights Reserved.