歩くように世界で暮らす

海外生活での気づきや知識をまとめて紹介

ビジネス/Business

【ジーンズの聖地】国産ジーンズを世界へ発信するユニークな「児島ジーンズストリート」

投稿日:


皆さんは普段ジーンズ履いていますか?Peleはよく履いていて、使い勝手が良いし履けば履くほど味が出てくるところがたまりません。

そんなジーンズですが、実は国産で有名な地域があるのはご存知ですか?それは、「岡山県倉敷市児島」なんですね。

今回は、そんな中でも有名な「児島ジーンズストリート」について見ていきたいと思います。

児島は国産ジーンズのルーツ

「児島ジーンズストリート」がある岡山県倉敷市児島は、かつては児島市として存在していましたが、1967年に旧倉敷市・玉島市との3市による新設合併で新倉敷市となりました。

児島は人口は8万人ほどの小さい地域ですが、国産ジーンズの聖地として知られていて、現在は地元ジーンズメーカーが集まって、レトロな雰囲気のある味野商店街を中心に「児島ジーンズストリート」として大々的にPRするようになりました。

小さな地域で、染め・織りから始まり、縫製や加工に至るまで完結するところを見るとさすがですよね。全ての工程で職人の技が生かされていて、まさに日本の真骨頂とも言える部分ではないかと思います。

最近では、他の産業からの見学者も多く、産業発展の一つの策として参考になるほど話題を集めているんですね。「児島ジーンズストリート」のこだわりは随所に現れていて、商店街には至る所にジーンズに因んだモノが散りばめられています。まさに、ジーンズの街ならではの演出を楽しむ事ができるところは魅力的です。

それでは、今日はここまで!


Thank you for reading:)
See you next time!







-ビジネス/Business

Copyright© 歩くように世界で暮らす , 2019 All Rights Reserved.