歩くように世界で暮らす

海外生活での気づきや知識をまとめて紹介

未分類/Unclassification

【Airbnbもビックリww】最近、日本で「オシャレなゲストハウス」が急増している件

更新日:


最近、日本ではAirbnbなども有名になり始め、民泊業界には確実に新しい流れがきていますよね。規制等でまだまだ解決しなければならない事は多いと思いますが、オリンピックに向けてこれからという感じですかね。

実は、そんな民泊業界の影響もあってか、最近若者「オシャレなゲストハウス」を作って運営する事が人気を集めているのをご存知ですか?

今回は、そんな「オシャレなゲストハウス」について見ていきたいと思います。

ゲストハウスは新たな交流の場を提供する

さて、最近の「オシャレなゲストハウス」は傾向があって、1つは古民家を改装してオシャレで手作り感溢れるゲストハウスに仕上げているところと、そしてゲストハウス側が積極的に交流の場を作っているところでしょうか。

最近では、一人旅やバックパックが一般的にもなってきているように、旅行の目的やスタイルも多様化しています。そんな新しいニーズにマッチしているのが、最近のゲストハウスという事で、昔のようなとにかく安いというところから変貌を遂げています。

そんなこんなですが、いくつか参考がてら見ていきましょう。

マスヤゲストハウス

さて、まず最初は長野県にある「マスヤゲストハウス - 信州諏訪のゲストハウス」です。

素敵なリビングルームには宿泊客だけでなく、地元の方も利用できるようになっているので、新たな交流が生まれます。部屋も座敷部屋があったり、男女混合ドミトリーなどもあったりと旅のスタイルに合わせて選択できるのは嬉しいですね。

マスヤゲストハウスは、長野県は諏訪湖のほとり下諏訪町にあるゲストハウス。
赤煉瓦の続くかっこいい門構えのこの宿は、明治時代の古地図にも載っている老舗の旅館でした。「ますや旅館」の屋号を受け継ぎ、元々ある良いところを残しつつ、3ヶ月の改装を経て完成したマスヤゲストハウス。地元の方やスタッフと一緒に、のんびり楽しく、宿と諏訪での時間をお過ごしください。

guesthouse-1

HAKONE TENT

さて、続いては神奈川県にある「HAKONE TENT」です。

もう説明不要ですね、ゲストハウスに24時間源泉掛け流し温泉があるなんて、さすが箱根!!の地の利を感じます。Peleもふかふかの和布団で寝たい。

HAKONE TENTは強羅駅から徒歩2分の古旅館を改装し2014年の6月にオープンした温泉付きゲストハウスです。
増築に増築をかさね、まるで迷路のような建物は地下一階、地上二階建て。そんな大きな建物を約6ヶ月かけてみんなで改装しました。

HAKONE TENTの自慢は24時間源泉掛け流しの温泉です。温泉でポカポカになった後、併設のBarでお酒を楽しんで、ふかふかの和布団でお休み下さい。
箱根の山にあるみんなのテント、HAKONE TENT。テントのようにみんなが安心できてドキドキできる場所になりますように

guesthouse-2

岡山・倉敷ゲストハウス 有鄰庵(ゆうりんあん)

さて、最後は岡山県にある「岡山・倉敷ゲストハウス 有鄰庵(ゆうりんあん)」です。

江戸後期の情緒が残る古民家と美観地区を堪能できるゲストハウス、この非日常感は旅行客にとって堪りませんね。画像を見てるだけで幸せになります。

岡山県倉敷市の古民家ゲストハウス有鄰庵は、「経済的な豊かさを超える、心の豊かさ」がコンセプト。
日本全国や海外から集まるゲストが樹齢900年のトチノキのテーブルを囲んで交流を楽しみ、心の豊かさを感じていただけるようおもてなしをしています。

江戸時代にタイムスリップしたような美観地区と呼ばれる町の中心で、築100年の古民家に滞在しながら町家の生活が味わえます。風流な倉敷川の周りには美術館や昔ながらのお店が並び、暖かい近所の人たちから昔の人情も感じていただけます。

倉敷の情緒と文化をゆったりと噛みしめるように味わいながら、さまざまな人との交流をお楽しみいただけると幸いです。

guesthouse-3

以上、いかがでしたでしょうか?これらのゲストハウスは古民家を改装して使われており、融合しているのがすごく良いですよね。今後もこういったオシャレで居心地が良いゲストハウスが増える事を期待したいものです。

それでは、今日はここまで!


Thank you for reading:)
See you next time!







-未分類/Unclassification

Copyright© 歩くように世界で暮らす , 2019 All Rights Reserved.