歩くように世界で暮らす

海外生活での気づきや知識をまとめて紹介

ビジネス/Business エンタメ/Entertainment

【音楽版テラスハウス?!】シンガーソングライター達が集う「Goose house」がかなりイケてる件

投稿日:


インターネットの出現により、様々な業界で大きな変化がありますが、その中でも音楽業界は大きく変化のあった業界ではないでしょうか。

最近では、新しいコンセプトの音楽ユニットがオンラインを中心に人気を集めています。それは、シンガーソングライターが集いオンガクを奏でる「Goose house」です。

今回は、そんな今話題の新しい音楽ユニット「Goose house」について見ていきたいと思います。

アーティストの在り方も大きく変化してきている

さて、まず「Goose house」って何ぞやという話ですが、竹渕慶(Vo)、竹澤汀(Vo&Dr)、工藤秀平(Vo&G)、齋藤ジョニー(Vo&G)、マナミ(Vo&G)、沙夜香(Vo&P)、ワタナベシュウヘイ(Vo&B)という女性4人と男性3人による7人組ユニット。個々でソロのシンガー・ソングライターとしても活動し、全員が作詞作曲とボーカルを務める何とも素敵なユニットなんです。

良いところは、オンラインをフル活用しているところで、世界観が伝わるオシャレなサイトに加え、UstreamやYoutubeでのライブ配信、またグッズをECで販売したりと、既にしっかりオーガナイズされています。何故、こんなにオーガナイズされているのか調べてみると、それは彼らの原点にありました。実は、2010年6月にスタートしたSONYウォークマンのキャンペーンプロジェクト「Play You. House」が元になっていて、シェアハウスで共同生活を送りながら音楽を制作し、オンラインを通じてライブを配信するという企画があったんですね。

企画自体は終わりましたが、そんな背景を受け継いで、現在はメンバーとSony Musicが専属契約を結んで「Goose house」として活動を継続しているんです。

ちなみに、コンセプトは・・・

シンガーソングライターが集いオンガクを奏でる家、Goose house。ひとつひとつは、まだちっぽけな音だけれど、重なり合い、紡ぎ合い、やがてひとつの暖かい音になり、この都会の片隅の小さな部屋から、世界中の街へ拡がりつつある。とちうコンセプトを持って活動する音楽グループです。

なんとも素敵なコンセプトですね。さて、それでは実際にいくつかYoutubeからピックアップして観てみましょう。Youtubeで累計再生回数6億回を超えているのも納得させられます。

Nonstop!Journey

オトノナルホウへ→

光るなら



以上、いかがでしたでしょうか?ある種の世界観を評価してもらう音楽の商売は、歌の上手さは大前提ですが、やっぱりエッジの立った「コンセプト」が必要ですよね。サイトやメンバーを見ててもそれがひしひし伝わってきます。「Goose house」を今後も応援していきましょう!

それでは、今日はここまで!



Thank you for reading:)
See you next time!







-ビジネス/Business, エンタメ/Entertainment

Copyright© 歩くように世界で暮らす , 2019 All Rights Reserved.