歩くように世界で暮らす

海外生活での気づきや知識をまとめて紹介

ビジネス/Business

【ようこそ2035年の世界へ】高城剛さんが語るExtended Internetの時代が近未来的

投稿日:


AIやロボットや遺伝子工学等、世の中では目まぐるしく新たな技術の開発が進んでいます。ここ10年を振り返ってみれば、そのスピード感は凄まじいものがありますよね。

そんな激動の変化の中、クリエイターの高城剛さんが来るべき2035年の世界についてプレゼンされ、それが非常に興味深かったんですが、何とこれから「Internet」から「Extended Internet」の世界に移行していくとの事。

今回は、そんな高城剛さんが語る「2035年の世界」について見ていきたいと思います。

どうなる??2035年の世界

10年ほど前を振り返ってみても当時パソコンがスマホのように持ち運べるようになんて予想できた方は少なかったですよね。そんな大革命がたったこの10年ほどで起きているという事を見ても、次の10年・20年先なんて全然想像できないですよね。そんな目まぐるしく変わる時代ではありますが、高城さんが考える2035年の世界というのは大きく3つです。

1, あらゆるものがインターネットに接続される
例えば、最近ではアマゾンダッシュボタン(Amazon Dash Button)が発表されましたよね。現在は150種類以上の商品がパソコンやスマホを経由せずにたったワンボタンで購入できるようになって世間で話題になりました。

このような現象は今後も進み、あらゆるモノがインターネットに接続されてたとえ遠隔でもリアルタイムでその周辺の状況を確認したり操作できるようになるかもしれません。例えば、家のセキュリティも今は「Secual」のようにスマホに繋がるようになりましたよね。こういう事があらゆるモノで起こっていくのではないかという事です。

2, あらゆるモノが空を飛ぶ
カメラが空を飛ぶようになってドローンが出てきたように最近では農薬散布ドローンも出てきていますよね。今後はあらゆるモノが空を飛ぶようになり、今まで取得できなかった有益な情報も知る事ができるようになるかもしれません。

また検索分野においては現在私たちはGoogleを使っていますが、最大の欠点はサーバーの中しか情報を検索できないという事ですよね。それが、今後はドローンなどのデバイスがリアルの世界を飛び回って精度の高い生の情報を集めるになるかもしれません。

3, 広告の在り方が劇的に変わる
あらゆるモノが空を飛ぶと恐ろしい事に、誰がどこで何をしているかがわかるようになりますね。広告についても今までのようなインターネット上での限定的なターゲティングではなく、日々のリアルの趣味趣向から適切に広告を配信する事ができるようになるかもしれません。

高城さんは、バーチャルリアリティーではなく、リアリティーがバーチャルになるという表現をされていますが、例えば目の前にいきなり広告が浮かび上がってきて、そこで直接購入まで完了できるようになったりするかもしれません。今までのようなマス広告やオンラインのターゲティング広告だけでなく、更にパーソナライズされた広告の時代がくるかもしれません。

こうやって見てみてもどこまで進化するんだという気になりますよね。2035年の先には更に2045年のシンギュラリティーも起こると言われていますし、今後の動向から目が離せませんね。



それでは、今日はここまで!


Thank you for reading:)
See you next time!







-ビジネス/Business

Copyright© 歩くように世界で暮らす , 2019 All Rights Reserved.