歩くように世界で暮らす

海外生活での気づきや知識をまとめて紹介

未分類/Unclassification

【純ドメ社会人に捧ぐ】英語学習のモチベーションを維持する為のたった一つの方法

更新日:

グローバル社会と言われる中で、ビジネスレベルの英語は当たり前のように求められる時代になりつつありますよね。

しかしながら、純ドメにとっては特にSpeakingとListeningは非常に苦労するパートだと思いますし、Peleも例外なく心が折れそうになる時があります。

今回は英語を学ぶ上で、普段Peleがモチベーションを維持している方法をご紹介したいと思います。普段なかなか英語に触れる機会がない方でも、この方法はモチベーション維持の助けになるかと思いますので是非ご参考下さい。

目標を動画で「目」と「耳」に焼き付ける

そもそも「人はなぜ英語を学ぶモチベーションが下がってしまうのか?

この問題の一つは、明確な目標がイメージできていない事なんではないかと思っています。特に大人にもなると時間に対する感覚が変わってくるので、切羽詰まった状況にならないとどうしても優先順位は下がってしまいがちですよね。

そういった中でどう明確なイメージを持ち続けて自分を鼓舞し続けるか、その方法が目標を動画で目と耳に焼き付けるという事です。ネイティブな子供が語学の習得が早いのは間違いなく目と耳で実際に触れながら理解していくからだと思うんですよね。

インタラクティブなシチュエーションである事

モチベーションを維持する為に動画を観る事っていうのは世間一般的に言われている事ではありますが、それに加えてインタラクティブなシチュエーションである事は個人的に非常に重要だと思っているんですね。

なぜインタラクティブなシチュエーションなのか?これは考えればわかるのですが、プレゼンテーションや講座だとどうしても受身になってしまい、「自分ならどう言うか?」という事を考えなくなってしまいます。特に、ビジネスシーンにおいて重要な事は、話の内容を聞きながら自分の意見をまとめ、いかに効果的な発言をしていくという事ですよね。

そう考えた場合に、動画も極力その状況に近いインタラクティブなシチュエーションである事が必要ではないかという事です。

自分が興味のある分野である事

また、個人的には自分が興味のある分野である事というのは、かなり重要だと思います。じゃないとそもそも続きませんwwよくTOEFLなどで挫折される方がいますが、一番の挫折理由は内容がアカデミックなので興味が湧かずモチベーションが下がってしまう事だと思います。Peleもその一人でした。。。

これは、留学する為の手段として必要なテストのスコアが、いつの間にか目標に変わって「何で大人になってまでこんな勉強してんだっけ?」と疑心暗鬼を引き起こしてしまうんですよね。

もちろん、テストスコアは必要なので全力でスコア取得しに行かなければいけないのですが、狭くなった視点をもう一度引き上げてくれるのは自分が興味のある分野で尚且つ、インタラクティブな動画、「あっこうなりたいなぁ」とかそういう純粋な部分だったりするんではないかと思っています。

以上の3点を踏まえ、Peleが実際に参考にしている動画はGLOBISが主催するG1 Globalというカンファレンスです。

下記の動画は、「New Model of Leadership」というテーマについてGLOBISの堀さん、武田薬品の長谷川さん、twitterのJames近藤さん、BCGの御立さん、慶應教授の石倉さん他、政府機関からも参加者がいて、非常にインタラクティブなセッションになっていますし、自分ならどう反応するかって考えながら聞いていると楽しくなってきます。

こうやって見ていると改めて英語の重要性感じますよね。個人的に、オンラインでビジネス英会話に特化したBizmates(ビズメイツ)を使っていて、かなりオススメなので是非グローバルに活躍できるよう一緒に頑張っていきましょう。



Thank you for Reading:)
See you next time!







-未分類/Unclassification

Copyright© 歩くように世界で暮らす , 2019 All Rights Reserved.