東京とサンフランシスコの違い(気候編)

文化/Culture

カリフォルニア・サンフランシスコにどんなイメージをお持ちでしょうか?
Peleは実際に住んでみるまで「太陽の街」というイメージを持っていました。

東京の四季とは違い、それはそれはもう年中青い空が空いっぱいに広がり、気候が良く過ごしやすいというイメージです。しかし、実際住んでみると「あれっ?」っていう感情をたまに抱く時があります。

カリフォルニアは地域によって気候が異なる

それは、まず場所を知るところから始まります。
下記の地図を見ていただくとわかるようにカルフォルニアは縦に長く、赤い印で囲んであるところがサンフランシスコのダウンタウンになります。

メインのダウンタウンはビルが立ち並び、イメージでは東京の丸の内あたり?のようなオフィスビル街になります。
ちなみに、IT企業で有名なシリコンバレーはサンフランシスコ市内から少し下のサンノゼあたりの地域の事を指します。
post-494-1

さて、肝心のイメージと現実ですが、「太陽の街」⇨「坂・霧・坂」という感じです。
サンフランシスコ内の地域によってもかなり差はありますが、Peleは家から太平洋が見えるぐらい海に近いところに住んでいるので他の地域以上に霧がすごく数十メートル先が見えない時だって普通にあります。
あっこれこれ、こんな時が多々あります。

やっぱり住んでみないとわからない事って多々あるなぁと思わず実感します。




Thank you for reading:)
See you next time!

コメント

タイトルとURLをコピーしました