歩くように世界で暮らす

海外生活での気づきや知識をまとめて紹介

ビジネス/Business

もうキャビンアテンダントも個性を出していかに差別化する時代になっているんじゃねww

投稿日:


航空業界ではLCCの登場によって業界変化が起こっている真っ只中ではないでしょうか。ニュースでもたまに各社の施策を見掛ける機会がありますし、知恵を絞ってユーザ獲得に取り組んでいますよね。

これは非常に良い事で、保守的な方面からは反発も多々あると思いますが、業界全体の発展にとっては不可欠な事だと思います。

今回は、そんな航空業界に旋風を巻き起こしているLCCのユニークな特徴について少し見ていきたいと思います。

LCCってどんな取り組みをしているの?

一般的に言われているのは、下記のような施策でコスト削減&低価格でユーザ獲得を目指す戦略をとっています。

-チケットはインターネット予約のみ

-地上スタッフは仕事を兼務

-同型機で整備費を削減

-間隔を詰めて座席数を増やす

-機内サービスは有料

こうやって見るだけでも色々とありますね。それでは、次に各社見ていきたいと思います。

ピーチ航空(Peach)の場合

まず始めに、ピーチ航空(Peach)と言えば、チェックイン機を段ボール製にするというユニークな施策を打ち出して記事にもなりましたよね。それは、「軽量化すれば設置する時、手の空いている社員が1人でできる」事や「新たなチェックイン機は段ボールに印刷すれば済む」というメリットがあると言われています。

これまでの業界慣行にとらわれない施策は非常に面白いですよね、ちなみに機内アナウンスもちょっとユニークな時があったりするのをご存知ですか?これは、関西弁出まくりですやんwwというユニークなもの。

ルールで均一にまとめるのではなく、CAの個性を活かしたサービスもエッジがたって良いのではないでしょうか。


ヴァージン・アメリカ(Virgin America)の場合

続いて、ヴァージン・アメリカ(Virgin America)はクラブ感覚のラウンジや機内に加え、クールで使いやすいWebサイト、座席の先進的なタッチパネルスクリーンなどユーザエクスペリエンスに趣を置いた他社とは一線を画した戦略をとっています。

SurveyMonkeyというアンケートツールを利用し、ユーザのフィードバックを活用し、絶えず改善に努めています。価格競争以外の面でエッジを立てるというのは戦略上で非常に大事な事ですし、リピート率の向上にも繋がりますよね。


サウスウエスト航空(Southwest Airlines)の場合

最後に、サウスウエスト航空(Southwest Airlines)ですが、「社員第一、顧客第二主義」とも表現され、経営指標に従業員満足度を取り入れるなど、従業員志向の一風変わった特徴があります。

日本でも話題になった機内でのマイクパフォーマンスは、従業員がユーザに対して「空の旅を楽しんで欲しい」という気持ちから始まったもので、レギューレーションベースではなく、自発的に取り入れている点は他社にはないユニークな取り組みではないでしょうか。

以上、いかがでしたでしょうか?各社とも顧客・従業員の満足度を高めるべくユニークな取り組みを実施しています。デジタル化が進む中で、大手航空会社も過去の風習にとらわれて変化せずにいると容易に地位を揺るがされる時代になってきていると言えるのではないでしょうか。

それでは、今日はここまで!



Thank you for reading:)

See you next time!







-ビジネス/Business

Copyright© 歩くように世界で暮らす , 2019 All Rights Reserved.