歩くように世界で暮らす

海外生活での気づきや知識をまとめて紹介

未分類/Unclassification

【驚愕の世界ww】僕達の知らない日本のバブル景気だった頃が激しすぎて唖然

投稿日:


「中国の爆買い」が日本で話題になりましたよね。バブルでないとピンとこないのですが少なくとも日本にも1987年あたりから数年間はバブル景気だったと言われています。

あまり今までバブルの話って聞かなかったのですが、バブル景気の特集を行った番組を観てみると色々やばいです。たった20年そこらでこんなに変わるのかという事が身に染みてわかります。

今回は、そんな「日本のバブル景気」について見ていきたいと思います。

日本バブル景気の衝撃の世界

バブル景気の引き金になったのは1985年のプラザ合意とされていて、1ドル240円前後だった為替が1年後に1ドル120円台まで急伸する急激な円高が進行した事でした。

輸出業界を救済するため金融緩和が実施された事など様々な理由が重なってバブル景気に突入していきます。下記は日本のバブル景気時に起こった事だそうですが、どれも信じがたいものばかりですね。

・定期預金の金利が6.3%(現在は0.05%)
・送ってもらうだけのアッシー君、ご飯を奢ってもらうだけのメッシー君、何でも買ってくれる貢ぐ君、家事をしてくれるばあや君
・2000万円のフェラーリがいつの間にか2億円
・会社説明会に呼ぶのに一人7万円
・福利厚生はフェラーリ
・入社したら土地をプレゼント
・学生接待の3S(ステーキ・寿司・○ープ)
・フェラーリ、ロールス・ロイス、ベントレーが目立たない
・坪3000万で買った土地が一ヶ月後に5000万

ちなみに、東京23区で現在一番高いのが、中央区の坪単価2,000万円で港区は1,000万円程度なのでいかに高かったかがわかりますね。バブル景気を知るには、ペペラといっしょの記事が参考になります、めっちゃ長いし、絵も怖いんですがね。笑





それでは、今日はここまで!


Thank you for reading:)
See you next time!







-未分類/Unclassification

Copyright© 歩くように世界で暮らす , 2019 All Rights Reserved.